楽ちんな平屋 〜洗濯・掃除・子育てがスムーズな暮らし〜

2017年12月に平屋を建てました❗️時短家事が出来る家を目指しています

家づくりの第一歩

家づくりを具体的に進めたいと考えたあとに始めたことは…


①夫婦でどんな家に住みたいか話し合う

②土地を探しながら、気になるところは実際に見に行く

③住宅展示場に行く

ハウスメーカーの完成見学会に行く

⑤家づくりや間取りの本を読む、体験談(ブログ)を見る

などでした。

 

 

 

 

① 「夫婦でどんな家に住みたいか話し合う」について

 

平日は仕事をして、子供を寝かせてから

主人とそれぞれの理想を話し合い、優先順位を決めていきました。

 

パソコンで方眼用紙を印刷して、その紙に自分なりの間取り図を作ったりもしました。

今住んでいる家は、この時の手書きの間取り図と要望一覧がベースになっており

後々ハウスメーカーの担当さんと打ち合わせする時にとても役に立ちました!

f:id:shaconne1:20180418064956j:image

当時のファイルの一部です

消してあるのは誰(私or主人)の要望か記名してあるためです。

 

手書きで雑ですが…こんな感じで一覧にしてました。

別のページには部屋別に細かくイラストや切抜きを貼って詳細を書き出しています

 

話しながら要望が増えていったり(写真の「→」で追加していった部分)、

特に大事と思ったり(丸で囲っているところなど)

この後何度も新しく書き直しました。。

 

 

 

 ②「土地を探しながら、気になるところは実際に見に行く」については、

後日詳しく書こうと思います!

 

 

③「住宅展示場に行く」について

 

住宅展示場は当時住んでいた場所の近くや、よく行くショッピングセンターの近くにあったので、比較的行きやすく

お土産が貰えたりバルーンイベントなどの催し物があったりと、私と子供は遊び感覚で行ってました

 

展示場は、見るもの全てが綺麗で高そうで…生活する実感が湧かなかったのが正直な感想です

「天井が高くて気持ちいいけど、エアコン効くのかなぁ。電気代いくらになるんだろ。窓はどうやって拭くのかなぁ」

「お風呂と脱衣所の間の壁がガラスになってる…お客さん来たときに中に入れなくなりそう」

「2階の屋外にお風呂って、冬に子供と入れないよ~」←コレはリゾートっぽくて主人と息子は気に入ってました

などなど・・・今思うと完全なツッコミ要員になってました(笑)

 

展示場のスタッフさんが教えてくれた、断熱材や構造の話は知らないことが多く勉強になりました!

あと、土地情報はとても詳しく最新情報が多く、その後自分たちで調べる時に役立ったと思います

 

 

④「ハウスメーカーの完成見学会に行く」について

 

家づくりを始めてから、新聞や折込チラシの「完成見学会」の記事が目に付くようになり、結構な頻度で参加していました。

住宅展示場より現実的で、時々は施主さんにお話を伺えたりもしたのでとても参考になり有り難かったです

(帰ってから、①のファイルに良かったことや思ってたことと違ったことなどを書き足していました)

 

見学会には、私たちの生活スタイルや家族構成と近いかどうかを考えながら参加していました。

特に私は、部屋の広さの感覚、天井の高さや照明・収納や間取りで参考にしたいことなど、勉強させていただきました

 

当初はロフトが欲しい気持ちがあったのですが(おしゃれで季節物を収納する場所に良いんじゃないかなぁ と考えていました)

採用された方のお家を見て、熱効率や私が収納したいものの大きさや重さなどを考えて別の方法を検討することにしました。

今でも、あの時たくさんのお家を見に行って良かったなぁと思ってます

 

 

いろんなお家を見ることで

私たちの家に対するイメージもどんどん固まってきたような気がしました

みなさんも、興味のある所にはぜひ躊躇せずに足を運んでみてください! 

 

読んでくださって、ありがとうございました